コロナが変えた世界

新型コロナウイルスの感染拡大により、世界は大きく変化しました。

働き方や人とのつながりにもデジタルネットワークが多用され、あらゆるモノのデリバリーが進化しました。今後もこのような変化、進化が急速に進み常態化していき、新たな常識・常態が現れていくと捉えています。

人口減少によるJapanマーケットの

超高齢社会・労働人口激減、さらには鎖国的な日本マーケットの中にあって、私たちが出来ることは、私たち個人の基礎能力、変化対応力を世界的視野に立って高めることだと考えております。ビジネスドメインは既に海外とシームレスになっています。

2050年問題や温暖化問題などに日本企業として貢献しながらも、日本マーケットに依存しない事業展開も必要であると捉えています。

私たちは、このような社会変化にITテクノロジーで社会貢献できる企業を目指し成長を続けてまいります。

代表取締役 髙橋 明

AKIRA TAKAHASHI

経歴

1962年生 新潟県出身 東京電機大学 理工学部 経営工学科卒

日本コンピュータシステム(株)入社、(株)田村電機製作所(現 サクサ株式会社)と日本コンピュータシステム(株)との合弁会社テレコムクリエイトシステム(株)(現 サクサシステムエンジニアリング株式会社)の設立メンバーとなる。

組込みシステムのプロトコルスタック開発に従事。その後カシオ計算機株式会社 入社。同社R&Dセンターにて、Unixネットワーキングの設計開発に携わる。
1990年、システムセンス株式会社設立に参画、取締役就任。

2006年 副社長就任、2009年 代表取締役就任

垂直分散通信から水平分散通信、移動体通信、FAX通信など幅広く通信システムの設計・開発、組込みシステム・Windows・Linux・iOS・Android・Webのアプリケーション開発にも幅広く従事。

  • 情報処理学会 正会員
  • 東京電機大学校友会 評議員、商工談話会役員
  • オンライン情報処理技術者(現:ネットワークスぺシャリスト)
  • 第一種情報処理技術者(現:応用情報技術者)
  • 第二種情報処理技術者(現:基本情報技術者)